保育所が不足している問題について

 





 
 
保育所不足の理由



どうして少子化が進んでいるのに待機児童の問題が起きるのか不思議に感じる人がいるかもしれません。まず核家族化が進んだことによって、親世代に子供の面倒を見てもらえる家庭が減っているのが原因の一つとなっています。保育所を利用しないと働けない世帯が増えているため、保育所のニーズがどんどん高まっているのです。また、女性の社会進出が進んでおり、女性の就業率はどんどん高まっています。これも保育所が不足する原因の一つといえるでしょう。

保育所の不足というのは必ずしも全国的な問題ではありません。基本的に都市部において待機児童の数は圧倒的に増えているのです。都市部というのは地方から出てきた世帯が多くて、各家族がたくさんいます。そのような状況から保育所がかなり不足しているのです。都心部では保育施設を建設しようと思っても子供の声がうるさいと苦情が発生するケースもあります。そのため新しい施設を建てられないのです。

また、保育士の数も不足しています。責任の大きな仕事にもかかわらず労働条件の悪さが問題となっているのです。そのため保育士になりたいという方が減っています。人手不足が深刻な状態になっているのです。このような問題によって待機児童や保育所不足の問題が深刻になっています。


保育所の不足待機児童の問題保育所不足の理由解消するためにはリンク集サイトマップ
  Copyrightc2017 保育所が不足している問題について All Rights Reserved.